本文へスキップ

日本トゥースフレンドリー協会は

口腔保健の推進を目的とした非営利団体です。

TEL. 022-265-5757

〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-1-18 西欧館3F

「歯に信頼」マークの科学的な根拠SCIENTIFIC BASIS


「歯に信頼」マークとは?


【歯に信頼】マーク


 図1は、歯が傘をさしてむし歯にならないように酸から歯を守っているマークです。
    厳しい製品テストを通過した製品だけに
      「歯に信頼」マーク
が使われています。

このテストは国際トゥースフレンドリー協会が指定する試験機関で行われ、 その製品を食べてから30分以内に歯垢のpHを5.7より下に下がるかどうかを調べるものです。(図2)

 

歯はpH5.5以下になると溶け出しますが、協会ではさらに安全なpH5.7という値を設定し、この値より下がらなければ「歯に信頼」マークを付けることができます。

 歯垢のpHを下げない甘味料はたくさんあります。しかし、せっかくpHを下げない甘味料を使っていても砂糖やその他の歯垢のpHを下げるような甘味料を一緒に使用していては、むし歯の原因になってしまいます。 また、シュガーレスのお菓子で砂糖を使っていないけれど、歯垢のpHを下げてしまう甘味料を使っているものもあります。
 そのため「歯に信頼」マークのテストは必ず最終製品で行うためごまかしはできません。

原料の一部がむし歯予防に効果があるかどうかではなく、その食品全体を評価しているのです。

どうして、むし歯になるの?


  むし歯の大きな原因の一つが、砂糖であることはよく知られています。砂糖などを食べると歯の表面についている「歯垢」の中に生息している細菌が、砂糖などを分解して酸をつくり、歯垢のpHを下げます。歯の表面を覆うエナメル質はリン酸カルシウムでできていて、pHが5.5以下になると溶け出しますこれがむし歯の原因になるのです。

 食事と食事の間におやつを食べたり、夜食を食べたりするとむし歯になりやすくなりますが、 実は三度の食事のときも歯垢のpHは5.5以下になります。
 お米やパンの中に含まれる澱粉からも酸がつくられるのです。

 ところが、唾液がたくさん出ると酸の働きを止めて歯垢のpHをあげて元に戻します。唾液の中には、カルシウムやリン酸もたくさん入っているので、 これらが歯の溶けたところに沈着して歯は修復されます。(図3上)

 このような食生活をしていれば簡単には、むし歯になりません。

 しかし、食事の間と食事の間に何度も食べ物を取ると、歯は修復される間もなく再び溶け出しますので、ついには本物のむし歯になってしまいます(図3下)。 特に、睡眠中は、唾液がほとんど出ないので寝る前に甘いものを食べることは禁物です。
 このような原因から考えて、おやつに歯垢のpHを下げないお菓子を食べれば、むし歯が予防できるはずです。(図4) 

 

パンフレット・ポスター


パンフレット [red]

こちらのパンフレットは無くなりました。
スキャナーデータ希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

パンフレット [pink]


トゥースフレンドリーの科学的根拠とマークの紹介を載せています。

1部 無料送付いたします。

※ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ポスター 小


A4サイズのポスターです。

1部 無料送付いたします。

※ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

協会沿革

1993年
日本トゥースフレンドリー協会発足
1991年
本部「Toothfriendly SweetsIn ternational」が発足
(現名:Toothfriendly International)
1983年〜
ドイツ、フランス、ベルギーなどで次々にトゥースフレンドリー協会発足
1982年
非営利団体トゥースフレンドリー協会 発足
1969年
スイスでは「電極内蔵法」によりpH5.7より低下させないお菓子に
「NICE for TOOTH」と表示できる法規が制定される

バナースペース

日本トゥースフレンドリー協会

〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町1-1-18 
西欧館ビル3F

TEL 022-265-5757
FAX 022-265-9384